お仕事を
はじめる

運営19周年の老舗ライブチャット

チャットレディがマイクで対応するメリットとおすすめマイクをご紹介!

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2024 3/7 23:14 | アクセス数:2478

チャットレディがマイクで対応するメリットとおすすめマイクをご紹介!

 

チャットレディの登録をご検討中のみなさまこんにちは!
ライブでゴーゴー公式サポートスタッフです!

 

今回は、マイクで対応するメリットと、おすすめのマイクについてお話します!

 

マイクで対応するメリット

 

細かいニュアンスを伝えられる

 

文字入力の場合、どうしても細かいニュアンスやリアリティーな感情が伝わりません。場合によっては素っ気無い感じになってしまうこともあります。

 

また、文字入力中は無表情になりやすく、お客様にネガティブな印象を持たれてしまうことも。

 

マイクを使うことで、あなたの感情や声のトーンなどを正確に伝えることが出来ます。

 

お客様をお待たせしない

 

文字入力のスピードが遅いとお客様とスムーズに会話できず、 お待ちいただく時間も長くなります。その間、ポイントも消費されてしまうのでお客様にとってのデメリット多いです。

 

スマートフォン、パソコンどちらで文字入力したとしても口頭より早く正確にお伝えすることは難しいかと思います。

 

一方マイクを使うと、お客様を待たせませんので、文字入力よりもロングチャットが期待できます。

 

常連様が出来やすい

 

「見た目が好みだ」「出身が同じ」「趣味が同じ」など、お客様が女性を選ぶ基準は様々ですが、またあの子とライブチャットしたい!そう思うのは、会話の相性が合う女性なんです。

 

文字入力だけではテンポよく会話ができないため、共通の趣味などがあったとしても「会話しづいらい」という印象が強く残り、相性が合うと実感してもらいづらいです。

 

ノンアダルトライブチャットでは『常連様をつくる=たくさん稼げる』となりますので、マイクを使って常連様をたくさんつくりましょう♪

 

目が疲れない

 

文字入力の場合、会話が続けば続くほどチャットレディさんはもちろん、お客様も目が疲れてきます。どれだけ会話が盛り上がっていても疲れが出てくるとチャットを切り上げたい気持ちに駆られますし、会話に集中できなくなってきます。マイクを使えば目の負担も軽減できます。

 

声質や喋り方が武器になる可能性も…

 

様々なお客様がいらっしゃるのでご自身のの声質や喋り方に特徴はないと思っていても、「声のトーンが癒される」「舌足らずな喋り方が可愛い」「抑揚や間の取り方が好み」など思いがけず声質や喋り方をきっかけに常連様ができる場合もありますよ。

 

また各地域からご利用されているお客様がいらっしゃいますので、あなたの普段使っている方言がお客様の心を射止める可能性も…!

 

おすすめのマイクについて

 

有線タイプイヤホンマイクがおすすめ

 

ヘッドホンなどと違って、髪型の邪魔をしないので、セットしたヘアスタイルを崩さずに使用することができます。

 

見た目もリアルで会ってお話している状態に近いのでお客様も自然にお話しやすいです。

 

また充電の必要がないため、話してる途中でバッテリー切れでチャットが中断してしまうといったこともありません。

 

Bluetoothタイプは注意が必要

 

コードがないので動きやすいですが、バッテリー持ちに注意が必要です。

 

チャット中のバッテリーが切れてしまうとチャットが中断してしまうので、バッテリーが切れる前にお断りを入れて有線イヤホンに切り替えたり、バッテリー持ちの良い製品を使用するなど、工夫が必要です。

 

ヘッドホン型、配信端末の内蔵マイクは×

 

「オペレーターみたい…」「zoom会議に参加してる気分」などリアルに会ってお話ししている状態とはかけ離れた印象を持たれやすく、チャットのムードを作りづらくなるのであまりおすすめできません。着用中の圧迫感があるため、長時間話すと耳が痛くなりやすいです。

 

また、スマートフォンやパソコンなど配信端末に内蔵されているマイクもおすすめできません。あなたの声が途切れたり、ハウリングが発生するなど、お客様があなたの音声をスムーズに聞くことができなくなる可能性があります。

 

マイクが使えない時は文字入力を上手に活用する

 

家族が家にいる時間帯や出先でのちょっとした空き時間など、マイクが使えないためログインを控えてしまいがちですが、良いお客様との出会いを逃さないために、こういう時はあえて文字入力を活用しましょう!

 

活用する際のポイントとして、一言コメントやプロフィールに「今日はタイピングでお願いします」「夜はタイピングですが、昼はマイクでお話できます」といった形で、タイピングをするのは一時的でマイクで話せる時もあるということはしっかりアピールしましょう。

 

声を出してチャットするとご家族や同居人に聞こえてしまうので稼ぎ時の夜の時間帯はログインできない・・・という方はぜひ「夜はタイピングですが、お昼はマイクでお話できます」とプロフィールに書いた上で、夜は文字入力のみでログインしてみてください!

 

「夜はタイピングのみ」と書くことによって夜の時間帯は繋がりずらさを感じてしまう可能性もありますが、待機しているだけでも夜にご利用されているお客様からの認知度は上がりますし、「お昼はマイクでお話できるなら…」と昼に予約を取ってくれたり、昼の時間帯に顔を出してくださる可能性があります。

 

マイクを使いましょうより多くのお客様にあなたのことを知ってもらうためにも、文字入力も上手に活用してログインしましょう!

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2024 3/7 23:14 | アクセス数:2479