お仕事を
はじめる

運営17周年の老舗ライブチャット

本当にノンアダですか?(by現役チャットレディ)

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2022 8/12 15:53 | アクセス数:1769

ライブでゴーゴースタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは! 現役チャットレディです!

 

皆さんは、ライブでゴーゴーのようなノンアダルトチャットに出演しているチャットレディという職業・オシゴトに対して、どのようなイメージを抱いておられるでしょうか?

 

「ノンアダルトの」と付いてはいますが…

 

・実際はアダルト容認してるハズ

・アダルトしないと稼げないと思う

・ほとんどの人が稼げないと思う

・チャット成立している人はサクラかアダルトしてる人

このように実はアヤシイ・アブナイと思っている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 


non-adult2022-1

 

自宅からお話するだけで誰でも頑張ればOLさん以上に稼げますよ!なんて耳にすると、アヤシイ…と疑ってしまうのはむしろ正常な思考だと私は思います。女性は特に、自分の身を守るためにもそのくらい疑い深いほうが良いですしね!

 

実際、ライブでゴーゴーのチャットレディを経験する前までは、私もチャットレディ=ヤバイ仕事かもしれない、と思っていました。

そしてその不安的中! 最初に登録したサイトと次に登録したサイト、2社は結構グレーなサイトでした。

 

グレーな行為が横行する他社さんで、ノンアダルトを貫いてオシゴトしている最中に出会ったお客様から「ノンアダルトで稼ぎたいならライブでゴーゴーに行ったほうが良いよ」とアドバイスされ、私はライブでゴーゴーを知りました!

 

今は取り締まりも厳しくなってきたため、そのようなグレーなサイトは減ってきているかと思いますが、ライブでゴーゴーは昔からお客様にも有名なくらいノンアダルトなライブチャットなんです☆

 

そんなライブでゴーゴーですが、今回は「本当にノンアダですか?」というテーマで、ライブでゴーゴーが実際どのようなカンジなのか? ノンアダってどういうことなのか、お客様はどんな感じなのか、もし嫌な要求をされたらどうしたらいいのか、といったことを詳しくお話したいと思います♪

 

皆さんの不安・心配を少しでも解消できたらと思います☆

 

ノンアダの定義

non-adult2022-2

 

ライブでゴーゴーはノンアダ(=ノンアダルト)と言っていますが、ノンアダとは詳しく言うとどのような事がOKでどのようなことがNGなの?と疑問を抱いている方も多いかと思います。

 

簡潔に言うと「出演しているチャトレは下着以上になってはいけない(下着姿もダメ)」です。

 

例えば、服を脱いでとか、下着を見せて、下着を脱いで、といった要望に応えるのはNGで規約違反行為となります。

下着と水着は肌の露出範囲という意味では類似していますが実際は全く異なるものなので、水着姿はOKですが水着と偽って下着姿になるのはNGです。バレたら規約違反で処罰の対象となります。水着イベント等に参加したい場合は、水着をきちんと用意してくださいね!

 

(時期によっては水着代補助キャンペーンなども行っていますので活用してください☆)

 

ライブでゴーゴーは、出演しているチャットレディの映像をリアルタイムでモニタリング(監視)しておりますのでアヤシイ行動をするとモニタリングスタッフより警告が出されることもあります。

 

場合によっては、ちょっと激しいボディランゲージなどをしすぎてブラ紐が見えちゃった!という事故のようなケースでも警告が出ることもあります。

 

同時に何人ものチャトレの画面をチェックしていますので、チャットの流れ等を考慮して警告を出すことが難しく、時に厳し過ぎると感じる時もあります…。しかしそれだけ私たちチャトレを守ろうとして下さっているということなので、警告を受けたら指示に従ってくださいね。

 

下ネタを言ってくる人は、います

non-adult2022-3

 

ノンアダとして有名なライブでゴーゴーですが、下ネタを言ってくるお客様はおられます。

 

笑える下ネタとして話題の1つのつもりで言ってくるお客様だったり、脱いでと言った露骨なアダルト要求をされるお客様もおられます。

 

ケースごとに見ていきましょう!

 

下ネタを話題として振ってくるお客様

non-adult2022-4

 

話題としての下ネタの場合、実際に脱いだりするわけではないのでサイトの規約上では問題はないケースが多いのですが、男性と女性でかなり感覚が異なるため、

 

・そもそも下ネタなのか普通の単なる話題なのか

・笑える内容か不快な内容か

・自分が許容できる内容かNGな内容か

このあたりの認識にお客様とズレが生じていると、辛く感じることもあるかと思います。

最初に許容範囲を超えたタイミングで、

 

・それ以上はさすがにセクハラが過ぎますよ!

・ちょっとエグい内容になってきた…ストップストップ!

・そこから先は私聞けないよー!

といった感じで対応できないことをやんわり伝えた方が良いでしょう。

 

拒否せずに我慢したまま笑顔で対応してしまうと「他の子はダメでもこの子はこの話題平気なんだ!」と思われてしまい、毎回、許容範囲を超えた下ネタを聞かされる可能性があります。これは精神的にかなりキツく、ストレスでオシゴトを続けることが難しくなる原因に繋がります。

 

脱いでなどアダルト要求をされるお客様

non-adult2022-5

 

ライブでゴーゴーは最初に説明した通りのノンアダサイトですが、下着を見せてなど規約違反なアダルト行為を要求されるお客様もごくわずかですがおられます。

 

そのお客様の多くが、

 

・会員登録時に規約をきちんと見ていない(アダルトOKだと勘違いしている)

・できたらラッキー程度のノリで手あたり次第に要求している

上記のどちらかのケースです。

 

特に手あたり次第の方は「ベテラン(歴が長いチャットレディ)」は絶対に応じてくれないことを知っているので、「新人チャトレ(新人マークがついているチャットレディ)」を狙ってやってきます。

 

新人期間が終われば一気にやって来なくなりますので、新人期間中だけだと思ってください! これがずっと続くんだ…と悩む必要はありません! 新人期間が終わればビックリするほど来なくなります。

 

モチロンこのようなお客様は全て規約違反となりますので、相手をする必要はありません。

 

・そういうことは禁止されているんです

・モニタリング(監視)されているので怒られちゃうから無理です

・私が罰を受けることになるのでできません

・そういうのを希望でしたらアダルトOKの姉妹サイト(エンジェルライブ・チャットピア)に行ってください

などの反応をしましょう。

まれに、メンタルがやられるほど悩んでしまう新人さんもおられますが、本当にそんなお客様は新人さんを狙っているだけでずっと続くわけではありませんので、石につまづいた程度に思ってほしいです。

 

私の場合、初めてのお客様からいきなり2ショット要請が来たときは「アダルトさんかもしれない」と警戒して、先にフィルター(お客様のカメラ映像にかけられるエフェクト)をMAXモードにして真っ黒にしてから2ショット許可を出していました。

 

話していてマトモそうだなーと思えば徐々にフィルターの段階を薄くしていけばいいですし、そもそもマトモなお客様はカメラ映像に触れてはこないのでフィルターで真っ黒状態でもチャットの会話に問題はありませんよ♪

 

出来ないリクエストをされたら

non-adult2022-6

 

アダルトな事でも規約範囲内のことであっても、リクエストをされた際に対応したくない・対応できない、という内容は多々あるかと思います。

 

そんなときは気にせず断ってOKです。特に逆恨みなどされることもありませんし、逆恨みされてもお客様が出来ることは限られていますので、アナタの身に危険が及ぶことはありません。

 

アダルトなリクエスト例

 

・ちょっとだけブラ紐見せてよ

・ちょっとだけスカートめくってよ

・一瞬だけならバレないから〇〇してよ

これらは規約違反ですのでしないでください!!断ってOKどころか、断らないとダメです!

 


 

規約範囲内だけど断りたいリクエスト例

 

・喘ぎ声っぽいものだしてみて

・テキスト送るから朗読して(アダルトな内容)

・アイス持ってきて舐めて(指ナドの場合もアリ)

※パーティチャットの場合は飲食自体が禁止ですよ!!

これらは対応する人も居るかもしれませんが、正直やりたくない事ばかりなので断ってOKです。

 

ライブでゴーゴーでは様々な対策を行っておりますが、どれだけシステムで取り締まったとしても100%スクショを防止することは難しい世の中です。サイアクの場合、自分のチャットの姿が知人に見られてしまうかもしれない…そう思っておきましょう。

 

「ノンアダのチャットレディしてるだけだよ」という説明で人を納得させられないような疑わしいことは、いくら常連さん・仲良しさんのリクエストであろうとも、対応しないようにしましょう!

 


 

以上、ライブでゴーゴーは本当にノンアダなのか?というお話でした。

皆さんのお役に立ちましたら幸いです!

 

断れない・断り辛いというのは実際に目の前にお客様が居る場合なら仕方ありませんが、ライブチャットはネット上のやりとり。実際には目の前にお客様はいません。

殴られたりストーカーされたりすることはありませんので、強気でいきましょう!

 

※身を守るためにも自分の個人情報を伝えたりすることもしないようにしましょうね(規約違反ですよ!)。

 

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2022 8/12 15:53 | アクセス数:1770