お仕事を
はじめる

運営20周年の老舗ライブチャット

ライブ配信アプリでくじけた方、大歓迎!(by 現役チャットレディ)

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2023 7/7 06:36 | アクセス数:3996

ライブでゴーゴースタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは! 現役チャットレディです!

今や私たちの生活になくてはならない、”インターネット”。皆さんはいつからインターネットのヘビーユーザーになりましたか?

 


live_streaming_app2023-1

 

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトは、本来パソコンでないと十分に楽しめませんでした。今ならスマートフォンでも問題なく楽しめますが、パソコン時代から見ていたという方は少しオタク層が多いのかな?と思います。

 

動画の撮影・編集・ライブ配信なども、以前はパソコンでなければ難しかったので、一部の人だけが利用している閉ざされたコミュニティでした。今は誰でも出演者・視聴者になれるので、家族の記録などを公開している方もいますね。

 

“ライブチャット”も年々変化してきました。

ライブチャット登場初期は文字同士のやりとりでしたが、今はビデオ通話のように映像+音声でのやりとりになっています。

 

音質・画質も格段に上がり、タイムラグなどの問題も改善され、スマートフォン・タブレットにも対応するなど様々な事が可能になりました☆

 

今となっては、昔から存在しており形を変えてきた”ライブチャット”と、新たにスマートフォン等の登場で可能となった”ライブ配信”は、一見同じモノのように感じる方も多いのではないかと思います。

 

しかし。

実はライブチャットとライブ配信は、大きく異なるモノです!!

システム面に注目するなら、ライブチャットの派生形がライブ配信かな、という感じがします。一方で、オシゴト・稼ぐ・副業という観点で見ると、全く異なるモノと考えるべき!!

 

というわけで今回は!

「ライブ配信アプリでくじけた方、大歓迎!」というテーマで、ライブ配信では上手くいかなかった方でもライブチャットなら稼げる可能性があるというお話をしたいと思います。

 

先に言っておきます!

長年、専業チャットレディとして稼ぎ、生活している私。諸事情でライブ配信を数カ月やったことがありますが、その間、ライブ配信で稼いだ額は0円です!!

 

ライブ配信で稼ぐ、ライブチャットで稼ぐ、両方できる人もモチロン居るでしょう。しかし基本的には全く稼ぎ方が異なるモノなので、片方がダメでも、もう片方なら稼げるという可能性は十分ありますよ♪

ライブチャットとライブ配信の違い

 

そもそもライブチャットとライブ配信って何が違うの? 映像を流しながらリアルタイムに視聴者(お客様・リスナー)とお話するのは同じじゃない?

 

両方とも未経験の方や、片方しか経験したことがない方はこのような疑問を感じるでしょう。まずはココについて説明したいと思います!

 

超重要!得られる報酬システムが異なる

live_streaming_app2023-2

 

ライブ配信は基本無料のサービスが多く、多くのライバー(ライブ配信者)たちは視聴者による好意の”投げ銭”で稼ぐことになります。投げ銭をしてもらえるかどうかは運要素が強め。同時視聴者数が1名でも100名でも1万名でも、誰も投げ銭をしなければその時間の報酬は0円です。

 

投げ銭の全額がライバーに入るわけではなく、ライブ配信サイトの取り分(4~6割が多い)や、事務所に所属している場合は事務所の取り分が引かれ、アプリ経由の投げ銭の場合は更にAppleStore等の手数料も引かれます。

 

何割手元に入るかは配信サイトとライバーの環境によりますが、2~3割の所が多いと言われています。

 

一方のライブチャットは基本有料のサービスが多く、ライブでゴーゴーであれば1分約80円~の利用料を支払う必要があります。チャットレディは各自の報酬割合に沿った報酬を、チャットが成立していた時間分、必ず受け取ることができます。お客様と会話して報酬0円、ということは絶対にありません。

 

報酬割合はこれまでの実績等で上がっていきます。登録したばかりの新人チャトレは、お客様が支払う1分当たりの料金に対し、約40%の報酬を貰えます♪

 

投げ銭の期待値が高いような有名人であればライブ配信でも十分稼ぐことができますが、そうでない一般人がライブ配信で稼ぐのは至難の業。

逆にライブチャットは有名人であろうと素人であろうと、時間に対してほぼ同じ金額しか稼げない、とも言えますね。

これも重要!誰も視聴者が居ない時間の過ごし方

live_streaming_app2023-3

 

ライブ配信の場合、配信をスタートすると映像・音声がネット上に流れることになります。アナタの配信を開いた人には即、全てが届くようなシステムです。ライバー側が「誰か視聴者が来るまで音声や映像をOFFにします」というルールを設けることも可能ですが、そんなライバーを見かけることはほぼ無いかと思います。

 

なぜかというと、いちいちコメントをしたり、視聴者にライバーが気づくまで音声や映像がONにならないのは、視聴者にとって”メンドクサイ”くて”手軽”ではないから!

 

ライブ配信は基本無料のため、手軽に楽しめる点が最大のメリットです。手軽に楽しめない、ワンクッション置いてしまうような配信は嫌われます。

そのような配信に出くわすと、視聴者は次の配信へ即移動してしまいます。

 

でも、誰も見ている人がいないのに喋る・何かする、というのは結構難しいです。しかも誰か来たとしてもその人に構い過ぎると、ボーっと見ていたいという人は出ていきますし、二人目以降が見辛いというデメリットも。

 

「今日◎時から配信するよ!」と告知をした時に、必ず待機して配信を楽しみに待ってくれるファンが既にある程度居るような人でないと、ライブ配信をすること自体が厳しいです。

 


live_streaming_app2023-4

 

一方で、ライブチャットの場合、誰もお客様が居ない状態は”待機”と呼ばれており、映像はお客様に届きますが音声は届きません。お客様は数秒だけ待機を見ることができ、この子と話したいな!と思ったらチャットに入室します。すると、チャットレディは「こんにちは~!」とあいさつをして、会話がスタートします。

 

待機中は下を向かない方が良いとか、カメラ目線の方が良いといった、お客様が入室しやすいノウハウはいくつかあります。話している必要はない(むしろ話していると電話中?と誤解されやすい)ので、微笑を浮かべつつニュースサイト等を見て話題収集をしていることが多いです。

 

いろんな人が待機を見ては去っていく、いつ話しかけてくれるか分からない、待機中は報酬が貰えない、ということから”待機地獄”というワードもあります。

しかし、メールでお客様をお誘いする、視聴している方が居たら手を振る、といったアプローチは可能。誰も居ないのに楽しそうに話し続けるよりも、確実にラクでしょう。

 

ちなみに、私がライブ配信を行った際はチャットレディとは無関係、プライベートの知人にも知らせない、という形でした。ですので視聴者ゼロからのスタート。最初の1時間くらいは一瞬見ては去る人がいる程度の中で喋り、その後は1~3名くらい誰かいるかな~?という感じでした。

 

これは幸運な方だと思います。配信ジャンルがニッチ&需要は少しある、みたいなものだったので、見てくれる方が居たのだと思います。

ちなみに、他サイトへのお客様の誘導は禁止ですから、そもそもチャットのお客様を他サイトのライブ配信に呼ぶことは規約違反です!

 

何をする?それぞれで出来ること

live_streaming_app2023-5

 

ライブ配信は、基本的に何かをするライバーに対しそれを見守る視聴者という構図が多いです。例えばゲーム実況、歌う、ダンスする、などが有名どころです。

しかし、ゲーム実況はゲームが上手くないとコメントが荒れてしまいがち。歌もダンスも一般レベル以上でないと注目されません。

 

有名人であれば、単に会話するだけでも元々ファンがいるので安定した配信が可能です。しかし名の知れていない素人がライブ配信をする場合は、一芸に秀でていないと難しいでしょう。

 

一方のライブチャットでは、チャットレディはお客様のお話し相手を務める、という役割が既に決まっています。お客様が話を聞いてほしい場合は聞き役を務め、同じ趣味の話で盛り上がりたい!という場合はお互いにテンションMAXで語り合ったりします。

 

ライブ配信は何をしてもほぼOKなので自由度が高いとは言えます。炎上騒ぎになるようなことすら、行う人は居ますよね。しかし何をするにしても、必ず視聴者がアナタを気に入ってくれるとは限りません。

 

ライブチャットは何をするのかある程度決まっているため、自由度は低くなります。お客様のご希望に沿った時間を提供することが最優先なので、アナタが聞いてほしい話題があっても、お客様がお悩み中ならお悩み相談の時間を過ごすことになります。

 

ライブチャット・チャットレディのこと

 

ここまで、ライブ配信とライブチャットの違いについてご紹介しました。

いかがでしょう? 一見同じような事をしていますが、実は全然違うと思いませんか?

 

ここからは、ライブチャットに関することをお伝えしていきます。「やってみようかな?」と思っていただければ嬉しいです♪

 

ライブチャットに求められていることってナニ?

live_streaming_app2023-6

 

ライブでゴーゴーはノンアダルトライブチャットなので、アダルトなコトはNG・禁止行為です。ですから、ライブでゴーゴーのお客様は性的なサービスを求めてはいません。では何を求めているのでしょうか? それは…、

 

・女性と話したい

 職場等で女性と話す機会が無い方

 

・特定の年齢の女性と話したい

 同世代・娘世代・妻世代などの気持ちを知りたい方

 

・女性に相談話をしたい

 特に恋愛・結婚・家庭に対し女性目線のアドバイスが欲しい方

 

・趣味の話をしたい

 ニッチ過ぎて同じ趣味の人が周囲に居ない方

 ほぼ男性が占める趣味が好きな女性と話したい方

 

・本来の自分(職業/年齢など)を知らない人と話したい

 別の自分になりきって話したい方

 自分の立場を忘れて気楽に話したい方

このような方々が多い印象です。

特に最後の”自分の立場を忘れて気楽に話したい方”は、お客様が複数名参加できるパーティチャットに多い印象です。

 

私たちチャットレディはお客様のプロフィールを見ることができるので、嘘か本当かは分かりませんが皆さんの年齢や職業をある程度知っています。

しかし、パーティチャットでは皆さん年齢・職業関係なく、結構くだらない話題でワイワイ笑って過ごしていらっしゃいますよ。

 

雰囲気的には、特定のスポーツチームのファンが集まって、ワイワイ観戦している飲み屋みたいな空気でしょうか…。この場合は同じスポーツチームのファンであれば赤の他人同士でも意気投合して試合の応援をしますが、チャットの場合は昔流行った音楽、懐かしいアニメ、笑える下ネタ(小学生男子のような…)でワイワイ盛り上がります。

 

だいたいそうなると世代差のあるチャットレディは置いてけぼりになるのですが…そんなチャトレに色々説明したり、話題に取り残されて困っているチャトレを「話について来れないでしょ~?」なんてからかう事も、皆さん楽しまれています。

 

話が分からなくても皆が楽しそうにしている雰囲気を楽しめる、という方なら喋れる話題が狭くても向いているオシゴトだと思います☆

 

ライブチャットで稼ぐためには?

live_streaming_app2023-7

 

ライブチャットはライブ配信とは異なり、チャット成立さえしていれば1分単位で報酬を必ず得ることができます。ですので、まずはチャット成立することが大事になってきます。

 

チャット成立のためには、先ず、待機をすること。居ないと話しかけて貰えませんからね…。メールをして呼び出してくれるなんて、よっぽどの常連さんが緊急の用事がある時くらいなので、基本は待機しているところを話しかけて貰う、というスタイルです。

他にも、

 

・サムネイル(プロフィール写真)を良いものにする

 奇跡の1枚、写真詐欺でも本当に自分の写真ならOK!

 

・プロフィールを埋める

 少しでも趣味嗜好が合う方が話しかけやすい! 男性が好む趣味(スポーツ/釣りなど)や、男女共通の話題(好きな食事・お酒など)を書くとGood☆

 

・変わった経歴があれば記載

 実はこう見えて◎◎です、という意外な情報があると興味を持っていただけます!

 

・きちんとした服装、メイク、部屋を片付けるなど

 1分目から有料なサービスです。しかも皆が話しかけて貰おうと努力しています。自分の価値を高め、”優先的に話したい女性”になりましょう!

 

・ログイン予定を記載し、定期的にログインする

 お客様は一期一会ではなく、お気に入りのチャトレと何度も話したい人が多いです。中々見かけない(時間が合わない)チャトレよりも、よく見かける(時間が合う)チャトレの方が好まれます◎

 

・お礼のメールは必ず送る!

 チャットが終わったら必ずお礼のメールを。メールまでが1回のチャットだと思いましょう。

このような点に注意してオシゴトをすることで、待機を減らし、話しかけて貰えやすいチャトレになれます。すると、常連さんGETのチャンスが増えますので、チャットで安定して稼ぐという事が可能になります。

 

・感謝の気持ちを大切にする(お礼の言葉・メール)

・お客様の”お話し相手”であることを忘れない(お客様優先)

・より良いチャトレを目指す(服装を整える・話しかけやすい環境作り)

この3つを信念に頑張れば、そこまで道を大きく踏み外すことは無いのではないかと思いますよ♪

 


 

以上、ライブ配信アプリでくじけた方に、チャットレディをオススメしてみました☆

正直なところ投げ銭目当てのライブ配信は難しいと思います。

 

元々インフルエンサーであるとか、地下アイドルや役者をしている等であれば、投げ銭は無くても名が売れる(フォロワーが増える)・チケットが売れる・仕事の依頼が来るというメリットがあるので、問題はありません。ライブ配信が主流のVTuberも、グッズ販売や案件が主な収入源です。

 

実は私がライブ配信を行ったのも、投げ銭目当てではなく別のメリット・目的があったからです。別のメリットは得られたので、投げ銭0円でも問題は無かったんですよね…。

 

もし投げ銭以外のメリットが何もない方がライブ配信を行っても、得られる投げ銭に対して労力が大き過ぎて、継続は難しいかと思います。

頑張っても頑張っても投げ銭が無ければ無意味な世界よりも、頑張れば必ずお金という形で成果が得られるライブチャットの方がオススメですよ!!

 

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2023 7/7 06:36 | アクセス数:3997