お仕事を
はじめる

運営19周年の老舗ライブチャット

メールからお客様と仲良くなる方法 (by 現役チャットレディ)

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2023 6/23 10:53 | アクセス数:4370

ライブでゴーゴースタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは! 現役チャットレディです!

 

ライブでゴーゴーで働くチャットレディたちは、主にお客様とリアルタイムのビデオ通話(=ライブチャット)を行うことで報酬を得ています。お客様とチャットレディは自動でマッチングするわけではないので、まず自分の存在を知ってもらうアピールを行う必要があります。

 

メインとなるアピール方法は”待機(またはログイン)”と呼ばれるモノ。

待機とは、カメラ映像に自分の姿を映した状態で(音は届きません)、お客様が自分に話しかけて下さるまで待つ(=待機する)、ということです。

 


appeal_by_mail2023-1

 

待機をするとお客様側のTOPページに”今お話しできる女性”として掲載されるので一番強いアピール方法ですが、待っている間の報酬はゼロ円。

効率的に稼ぎたい方やオシゴトに使える時間が少ない方は、待機以外のアピール方法も活用しないと時間が非常にモッタイナイ!!

 

と、いうわけで…

別のアピール方法として、「メールからお客様と仲良くなる方法」をお話ししたいと思います♪

 

ライブでゴーゴーのメールのメリット

 

ライブでゴーゴーのメールは、チャトレがメールを送信する際は完全に無料、お客様がメールを送信する際は有料(受信したチャトレに報酬が入る)、というシステム。

チャトレ側は常にメールし放題&お客様から返信などメールが届くと報酬GET、となります。

 


appeal_by_mail2023-2

 

チャットと比べるとメールでの報酬は少なく感じてしまいがち。しかし、今ログインできないけれど時間はある、といった時にメールのラリーが何度も続けば最終的に大きな金額になることもあり得ます。パソコン出演のチャトレであれば、待機中にメールも出来ます。夢の報酬GETしつつ待機も可能です。

 

もしチャットに他のお客様がいらっしゃった場合はメールのお返事は中止!! ながらチャットはNGです。気になる場合はメールの定型文機能などを利用して、

 

すみません!チャットにお客様がいらっしゃったのでお返事はチャット終了後になります。もし〇時以降寝ているなど、お返事NGな時間がありましたら教えて下さいね。

※こちらはテンプレを使用したメールです、いつもありがとう!

といった内容を用意しておき、パパっと送るといいでしょう。

 

メールで仲良くなることで、まだ一度もお話ししていないお客様から”チャットの予約(待ち合わせの約束)”をして頂ける可能性もあります。予約があれば、予約時間に”待ち合わせ状態でログイン”するだけでスグ約束のお客様が話しかけて下さるので、待機時間がナシ!になります!!

 

予約を好まないお客様も一定数おられるのですが、もしお客様が「今日は待機しているみたいだからメールではなくチャットで話そう!」と思って下されば、やはり最終的に待機の時間が減ることに繋がります。時間の有効活用ができますね♪

 

返事が来ない? それは当たり前!

appeal_by_mail2023-3

 

特に新人さんや、文章を考えたりすることが苦手な方は、メールを軽視しがちです。わざわざお客様へのメール内容を考えるのは大変ですし、メール作成中の時間・メールの送信には報酬がありませんからね…。しかも! 基本的にお客様からの”お返事は無い”のです!!

 

「え!返事ないの!? 返事があれば報酬が入るけど返事無いならタダ働きじゃん!!」

 

と、感じるチャトレも多く、メールをうまく活用できていないチャトレが多いのが現状です。

 

でもよくよく考えてみてください。メールをお客様が送ることは”有料”で、1通送信するたびに約50円かかります。色んなチャトレからメールが来るたびに返信していたらどうなるでしょう? 一気にお金が吹き飛んでいきますよね! 気軽に返事を出せないのは当たり前なのです。

 

ライブでゴーゴーのメールは、LINEのように、お客様がメールを読んでくださった場合”既読”というアイコンが付きます。既読が付くだけでヨシ!と思うことが重要。全く興味のないお客様は読んでくれない可能性もありますから…。読んでくれたんだ!と喜びましょう☆

 

100通送って数通のお返事、それでラッキー!

 

どのくらい返事のメールが返ってこないかというと、ほぼ0%と考えていいでしょう。特に、まだ一度もお話ししたことが無いチャトレに対して、メール1通50円を気軽に支払えるお客様は少ないです。

 

ですが既読が付けば読んでくださっているということなので、もしお客様が興味惹かれる内容のメールを送ることができれば、お返事が来ることもモチロンあります。ですので内容は非常に重要。誰に向けて書いたのか分からないような”宣伝コピペメール”を手当たり次第に大量送信しても、効果は薄いでしょう。

 

まだまだお客様からのお返事が期待薄になってしまう理由はあります!

 

お客様がメールを2通送れば約100円、しかしパーティチャット1分は約80円。

メールよりもチャットでリアルタイムに話したほうが、チャトレとの会話も弾むし、楽しいし、ポンポン会話ができるため短時間で多くのお話しが出来ます。金額当たりの楽しさはメールよりチャットの方が上! 結果、チャットに慣れているお客様であればあるほど、メールの返事の代わりにチャットで話しかける、という方が多くなります。

 


appeal_by_mail2023-4

 

よって、メールを送るだけでなく待機も定期的に行い、返事の代わりにチャットで話しかけるというお客様の考え方に寄り添うことも大切です。そもそもライブチャットのお客様は、チャットでお話しすることが一番楽しいと感じています。あくまでもメールはサブツール。

 

メールばかり送って来るけど待機を見かけないチャトレに対しては、「いつも居ないけど話せるの?話せないの?」とお客様は困惑されます。そして、”この子はチャットが出来ない”と結論づけられてしまい、キニナル子の中から除外してしまいます。待機は必須です!

 

待機をしなければ返事が来る? いいえ、来ません!

 

キニナル子から除外する前に「キミいつ居るの?」「話したいんだけど次いつ時間合うかな?」といったメールをくれるんじゃないの? そうしたら、待ち合わせの約束が出来て待機しなくて済むから、一番時間の節約になるよね♪

 

と、思う方もおられるかもしれません。しかしそんな流れになることは、ほぼ無いです!

なぜなのか説明するために、その流れを行った場合を考えてみましょう。

 


appeal_by_mail2023-5

 

このように、スムーズに進んだとしてもお客様は3通メールを送る必要があります。3通のメールは約150円。パーティチャットなら約2分お話しできる金額です。万一、スムーズに話が進まなければもっと多くのメールのやりとりが必要となり、もっと金額がかかります。

 

1回のチャットをするために、まずメールで数百円を支払う必要があるなんて、気が利かないですよね。レストランや病院の予約でさえ電話代やネット代だけで済むのに…。しかも、約束の日にはチャット代が上乗せですから、こんな流れを経てまでチャットをするお客様は非常に少ないのも当然でしょう。

 

また、待ち合わせの約束をすると、アナタもですがお客様も”必ず守らなければならない予定”が出来ることになります。仕事やプライベートの事を考えると、できるだけそのような予定を作りたくない・フラっと話したいときに話せる子が良い、と考えるお客様も多いです。

 

待ち合わせ・予約を好まないお客様の多くはチャットヘビーユーザーで、定期的にチャットに来て下さるような良いお客様の確率が高いです。そのようなお客様を逃さないためにも、待機を定期的に行ったり、メールの中に待機の予定等を積極的に記載してお客様と遭遇しやすい環境を作り、気が利くチャトレになりましょう。

 

メールを送る際に大事なコト!

 

さて、返事は期待できないけれどアナタの待機を減らしてくれる可能性があるアピール方法、メール。ここからは、お客様にメールを送る際に気を付けるべきことをお伝えします!

 

プロフィールは事前にきちんと設定する!

appeal_by_mail2023-6

 

アナタからメールを受け取って興味をもったお客様は、どんな子なのかな?と、アナタのプロフィールページを訪れて情報を得ようとされます。

 

ということは、”メールを送る前に”プロフィールをきちんと設定していないと、「この子ホントにヤル気あるの?」「スグ辞めそう…」「どんな子か結局よくわからない」という残念な印象になってしまいます。

 

サムネイル(プロフィール写真)はモチロンきちんとした写真を設定し、基本情報・PRメッセージ・30の質問は出来るだけ埋めましょう。回答したくない部分や、文字数が足りない場合は「ヒミツ~!」「直接聞いてね!」「何だと思いますか~?」といった回答を入れてもOKです。

サムネイルはできるだけお顔がハッキリわかるものがベスト。ただし、顔出しをどうしてもしたくない!という方は、マスク着用やスタンプ等の加工をするよりも、モノで一部を隠したり、髪で少し隠れるアングルにするなど自然に隠しましょう。

 

実は目を閉じるだけでも身バレ防止になります。目を開けたらどんな感じなのかな?と良い意味で気になっちゃいますね♪

 

ログイン予定の記載をしよう!

 

ログイン予定をPRメッセージに記載するチャトレは多く、お客様にとっても非常に好印象です。お客様が気づきやすい部分ですし、内容が詳しければ詳しいほど、「ヤル気がある」「きちんと話せそう(スグ辞めそうにない)」とプラスの印象になります。

 

オススメの書き方を3パターン紹介しますね☆

 

パターン1

月、水、金、日曜の21時~24時にいます!

【注意】〇月×日(月)はお休みします

曜日も時間も固定の場合は、ログインする曜日・時間に追加してイレギュラーな休みがある場合はそちらも記載しておくことで、「アレ?居るハズなのに居ない!」を、防げます。


 

パターン2

週末のお昼メインです♪

土日14時~18時+夜は空いている時にフラッと

“週末”という表現を使うと金曜は?となりがちなので、曜日をハッキリさせましょう。”確実に居る時”と”居るかもしれない時”が混在する方は、分かりやすく記載しましょう。


 

パターン3

仕事の都合で不定期です。

〇月×日(△)19時~眠くなるまで

〇月▽日(◇)12時~16時

不定期の方はログイン日時を箇条書き形式で記載しましょう。”眠くなるまで”は出来れば避けた方がいいです。しかし終了時刻がどうしても不明な場合は、”居ない=寝た”とお客様が納得して下さるので、何も記載せず「何時まで?」となるより”眠くなるまで”の記載がある方がマシです。

 


appeal_by_mail2023-7

 

ログイン予定をアピールすると、お客様はアナタの予定に合わせてサイトにアクセスして下さるので、待機が減りチャットに繋がりやすくなります。

 

PRメッセージ欄以外では、毎週〇曜日にブログに1週間分の予定を記載する、といった方もおられます。どこに記載するにせよ、宣言したログイン予定は必ず守りましょう。書いてあるのに居ない!となると、一気にマイナス印象になっちゃいます。

 

もし急用等でログインできなくなった場合は、一言メッセージやPRメッセージ欄の一番上など分かりやすい場所に「〇月×日は急用でお休みします!」といった記載をしましょう。”本日は~”という書き方だといつのことか分からないので日付も大事です!

 

また、オシゴトを終えたら、次回出演予定というオレンジ色のボタンから次の出演日時を設定しましょう。お客様のTOPページで「この子そろそろログインするよ~」とアピールできます♪

 

お客様に興味をもってメールの内容を考えよう!

 

誰にでも通用するようなコピペメールは嫌われがちです。コピペを使ってもいいケースとそうでないケースがあり、基本的にはそのお客様お一人お一人に対してメール内容を考えましょう。

 

冒頭で”〇〇さん”と、お客様のお名前を入れると自分宛に書いてくれた、と伝わりやすいです。また、初めてメールを送る際は”初めまして、〇〇といいます”といった挨拶も入れましょう。

 

お客様が待機を視聴してくれた、足跡を残してくれた(プロフィールを見たりブログを見たりした)、ブログにイイネしてくれた、といった場合、そのことについてお礼を記載しましょう。アナタがどこからお客様を知ったのか伝えることで、適当にメールしたわけではないことが伝わりますよ。

 

お客様のプロフィールにはお客様に関するヒントが詰まっています。内容を考える時はプロフィールを見ながらメールを書くと良いでしょう。

例えば、、、

 

1.職業に注目する

appeal_by_mail2023-8

 

2.趣味に触れる

appeal_by_mail2023-9

 

3.プロフがほぼ未記入(触れられるものが無い)

appeal_by_mail2023-10

 

このように、目についた部分や自分が話題を広げられそうな部分をピックアップして記載してみましょう。質問を織り交ぜることでお客様は、反応をしたい!返事したい!話したい!というキモチになります☆

 

初めてメールする時はメールの最後に、「ログイン予定はプロフに詳しく記載しているのですが、次は〇月×日の21時~ログインします♪ 見かけたら気軽に話しかけてくださいね!」と、居るタイミングを書き添えると親切です◎

 

メールの返事は出来るだけ早く!!

 

お客様からメールを貰ったラッキーな方は、出来るだけ早くお返事をしましょう! スグお返事すると、お客様からもスグまたお返事が返って来る可能性大。チャンスを逃さないようにしましょう!

 

既読スルーはモチロンNGですし、未読スルーも印象はよくありません。通常、仕事や学校などがあったとしても24時間続くことはありません。受信して24時間以上経過してしまった場合は、「お返事遅くなってしまってごめんなさい!」といった謝罪の言葉を添えましょう。

 

また、メールのやりとりが何度も続いた場合、お客様はアナタに興味がある証拠。そうであれば、メールよりもチャットのほうがオトクに沢山のお話ができます。”今、職場で仕事中なんだ”といったチャットが出来ない理由を聞いていない場合は、チャットにお誘いしましょう。

 


appeal_by_mail2023-11

 

こんな感じでチャットのメリットを伝えつつ、メールでもOKという空気感を出すことで、お客様に変なプレッシャーを与えずに伝えられます。もしお客様やアナタに、今チャット出来ない理由がある場合、その日はメールのラリーを続ける、というのもアリです。

 

稀に、「眠れるまでメールで相手して欲しい」「実家に居るからメールしかできない」といったお客様もいらっしゃいます。前者の場合、別のタイミングであればチャットできそうですし、後者の場合は家族が居ない日がアナタの予定と合えばチャットできそうですよね♪

 

このような場合は後日、下記のようなメールでチャットにお誘いしてみましょう♪

 


appeal_by_mail2023-12

 

チャット未経験のお客様や、あまりチャット慣れしていないお客様はチャットの楽しさをまだ知りません。一度経験するとチャットの方がメールより断然楽しい事が分かるハズ!

 

ですので、メールのみずっと続けるより1度だけでもチャットでお話をすることで、ご縁が長続きする可能性が高くなります◎ アナタの声や仕草など、メールでは伝えられない魅力も伝えられますし、アナタへの好感度が更に上がるでしょう♪

 


 

メールからお客様と仲良くなる方法、でした!

お返事が返ってこない可能性”ほぼ0%”に衝撃を受けた方もおられるかもしれませんが、”既読”が付いていればお客様はきちんとメールを読んでおられます。

 

何もお客様からアクションが無いのに毎日送りまくるのは流石にNGですが、ブログにイイネしてくれた、待機を視聴してくれた、といった際はお返事がナシのままでもお礼のメールをしてOKですよ。

 

また月替わりなどのタイミングに「今月もよろしくお願いします♪」「先月はあまり見かけませんでしたが、お仕事お忙しいですか?」といったご挨拶メールを送るのも問題ありません。

 

メールをメンドクサイと軽視しがちなチャトレが多い中で、アナタがチャットのお礼メールだけでなく細かなお礼メール・ご挨拶メール等をすることで、「マメなチャトレ」「性格が良い」「丁寧な子」「応援したい」という印象になります♪

目指せ! 筆まめチャトレ☆

 

カテゴリ:お仕事豆知識 | 2023 6/23 10:53 | アクセス数:4371