チャットレディのメイク術(by現役チャットレディ)

ライブでゴーゴースタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは。

現役チャットレディです。

 

ライブチャットを始めて間もない方の悩みとして、

「待機が長い」

「なかなか良いお客様とのご縁が無い」

というものがございます。

 

多少は運や待機の時間帯が関わってくる問題ではありますが、工夫することでこの悩みを改善することも可能です。

その工夫とはズバリ、見た目を整えること!!

 

という事で今回は、「チャットレディのメイク術」について触れていきたいと思います☆

 

メイクをする理由

 

家から手軽にできるチャットレディ。

メイクしたくない!面倒くさい!と思う方もおられるでしょう。

先ずはメイク必須の理由を考えていきましょう。

 

makeup1

 

女性としてのマナー

 

先ず、メイクをするということは、人前に出るときの大人の女性のマナーである!という考え方が主流です。

特に日本はそうですね。

 

海外なんかでは、軽い外出程度なら口紅だけ塗る、というケースも聞いたことがありますが、日本は韓国等に負けず劣らずの美容大国。

しっかりしたメイクを求められることが多いです。

 

チャットレディは家からできますので、現実で誰かに会うわけではございません。

でも、カメラを通して多くの会員様にお会いしているのです。

人前に出ていることと同じ状態だと考えましょう!

人前に出るのにすっぴんはNG!なのです。

 

お仕事である

 

よく新人チャットレディさんに多いのが、

「すっぴんでごめんなさい」

という一言コメントを記載してすっぴん待機しているというものです。

 

でも、お金を払ってお話しを楽しむ会員様は、

「謝るくらいならやるな!」

と、思って近寄らなくなってしまいます。

 

私たちチャットレディは、会員様とお話しすることで報酬をいただきますよね。

無料でお話ししているわけではなく、ライブチャットはお仕事なのです!

 

パーティーチャットで1分80円

2ショットチャットで1分100円

 

この金額を会員様は支払います。

二人きりで30分お話ししたら3000円。

ロングチャットで3~4時間チャットすることもございます。

簡単に諭吉が吹っ飛んでいくような世界なのです。

 

決して安くないこの金額分の価値が、貴女にありますか?ということになりますね。

自分の価値を上げるためには、接客態度や話術だけでなく、お部屋の背景・衣装・そしてメイクもきちんとするべきでしょう。

 

身なりを整えて、貴女の魅力があふれる待機をしていれば、自然と良い会員様が話しかけてくださいます☆

これは良い会員様を引き寄せる最大のコツですね!

 

チャットレディのメイク術

 

チャットレディがメイクをすべきであることは、お伝えしました。

お次は、どんなメイクが良いのか?というお話しです。

普段のメイクとは異なるチャットレディだからこそのメイク術について考えていきましょう。

 

makeup2

 

カメラ映り

 

いつもメイクをするときに鏡を見ますよね。

でも、鏡に映る姿とカメラに映る姿は少し違います。

 

ライブチャットに使うカメラ映像は、自動で補正がかかるものが多いです。

背景や洋服の色、照明などにも影響を受けて、カメラ映像全体の色味や明るさが変化します。

あまりにも肌の色が青白くなったり、逆に濃く小麦色のようになってしまうようであれば、先ずカメラの設定を変更しましょう☆

 

そして、鏡でメイクをした後は必ず、待機準備画面でカメラ映りを確認!

そこでメイクの細かい修正をしてチャットに臨むようにしましょう!

 

もちろん1度きりではなく、毎回、チャットの前に必ずチェックすることが重要ですよ☆

同じ日であっても、窓の外からの日光が夜になり無くなる、それだけでカメラ映像の映りは変化します。

それにメイクして時間が経過するとメイク崩れも発生しますよね。

いつも完璧な貴女でいるようにしましょう!

 

濃いめのメイク

 

具体的にどのようなメイクがチャットに向いているかと言いますと、普段のメイクの少し濃いめです!

 

アイシャドウの目の際などに塗る濃いお色は、女優ライト(顔を明るく映すための簡易照明)の光で色が飛んでしまって、あまり発色しないことが多いです。

濃いところは濃く見えるように、薄いところは薄く見えるように、メリハリのある舞台メイクに近いメイク方法がライブチャットに適しています☆

 

逆に、赤い色はよくカメラが拾ってくれるので、口紅は薄めもしくはナシでグロスだけ等でもOKですよ。

 

接客(キャラ)にあったメイク

 

さらに工夫するとしたら、貴女のチャット(接客)スタイルに合うメイクを行うべし!です。

 

おっとりおとなしい子が青いカラーコンタクト。

ボーイッシュな子が巻き髪。

艶っぽい子が唇ガサガサ。

 

こういうのはミスマッチすぎてお客様が入り辛いです。

 

例えばですが、一般的なオーソドックスなメイク路線について紹介してみますね☆

 

清純派おっとり系のチャットレディであれば、

ナチュラルメイクでベージュ・茶系統のアイシャドウ、黒や濃茶の落ち着いた髪色 

 

元気っ子!若くておしゃれ系のチャットレディであれば、

ベースはナチュラルメイクだけれど、アイシャドウは黄色やピンク等ポップな色を使ってみてもよいでしょう。

髪色も明るめの茶や流行りの外国人風アレンジも◎

 

大人っぽい艶っぽい系のチャットレディは、

少し濃いめのメイク、濃茶・青・紫などのアイシャドウ、口紅にグロスも必須。

そして巻き髪でセクシーに☆

 

見た目でどんなチャットスタイルなのか予想しやすいと、お客様も貴女と話の合う方がいらっしゃるでしょう。

逆に見た目と中身のギャップがあると、それを面白いと捉える方もおられますが、マイナス印象になる可能性もありますので少し注意です☆

 

ここを押さえておけばなんとかなる!?

 

あれやこれや、結局どうしたらいいのー!?

混乱してきてしまった方や、まだあまりメイクをしたことが無い方もおられるでしょう。

先ずは押さえておくべきポイントを具体的にご紹介しますね☆

 

makeup3

 

目は口ほどにものをいう

 

アイメイクは本当に本当に大事です。

第一印象はアイメイクで決まると言っても過言ではございません。

 

目つきが悪いと言われる方は、大きすぎないサークルレンズを使って目力UPしちゃいましょう。

(大きすぎるサークルレンズは、会員様にとっては違和感でしかありませんのでお勧めしません)

 

アイシャドウは誰にでも似合う茶系が無難。

アイラインはがっつり引くよりも細めのほうが最近はウケが良い印象です。

つけまつ毛は自然に見えるものを上まつ毛にだけ使用しましょう。

あまりにやりすぎるとクレオパトラになっちゃいますので要注意!

 

肌荒れ隠しの術

 

先ほど、赤い色はよくカメラが拾うので口紅はナシでも、というお話をしましたが・・・。

そう、赤い色って唇だけじゃないですよね。

悲しいかな、赤い吹き出物も本当に本当に、カメラが拾ってしまって、映り込んでしまうんです!

そんなに大したものでない赤味が、非常に荒れたお肌のように見えてしまいます。

 

そんなときはコンシーラー!

厚塗りしちゃいましょう。

大丈夫、厚塗りかどうかはカメラ映像ではわかりません☆

お肌の他の部分と色味の差が出ないようにファンデーションで均一感を出しましょうね!

 

ぷっくりつやつや唇

 

ガサガサの唇は非常に見苦しいもの。

女性らしさが感じられませんよね。

 

ぷっくりと、つやつやした唇は会員様だけでなく女性からも羨ましがられるのではないかと思います。

そういった唇を作ることができるという点で有名なのは、なんといってもDiorのマキシマイザー。

でもお高いんです、これが。

 

安価で済ませたい方にお勧めなのが、ワセリンです!!

実はファッションモデルさんたちの唇、口紅がうまくのらないガサガサのときはワセリンを塗ってから口紅を塗るのだとか。

ぜひおためしあれ♪

ちなみにストローで飲み物を飲めば、口紅やグロスがとれるのを防げますよ☆

 


 

以上、チャットレディのメイクについて。

いかがでしたでしょうか?

洋服にも気を配った方が良いです。

コチラの記事もぜひご覧くださいね☆

▼衣装に季節感を!(by現役チャットレディ)

 

メイク道具を普段のものと変えると身バレ防止にもつながりますよ☆

貴女の魅力を引き出すメイクで会員様をお迎えいたしましょう!

LINEで送る

> ページトップへ

カテゴリ
お知らせ(55)
サイトからの大切なお知らせ
イベント・キャンペーン(14)
ポイント大量GETチャンス!
初心者マニュアル(24)
まずはお仕事準備!
お仕事豆知識(110)
チャットに役立つ豆知識
接客アドバイス(8)
稼げる接客術!
報酬ランキング(1)
気になる報酬ランキング
注意事項(1)
サイトのルール、注意事項
その他(13)
追加機能など、お知らせ詳細
menu
チャットレディとは?
お仕事内容
ライブでゴーゴーの強み
スタッフブログ
よくある質問
お問い合わせ
お問い合わせ

お電話受付時間
月~土曜日
14時~18時

06-7176-9403

専任スタッフが丁寧に
ご対応致します。

ご登録フォーム

登録する

TOPへ